2008年03月17日

ミルコvsXX

ミルコとヒョードルやらせたいなあ、と誰か言ってるらしい。

究極プラン・・・大みそかミルコvsヒョードル?
強者には強者を-。「DREAM」旗揚げ戦から一夜明けた16日、笹原圭一イベントプロデューサー(EP)が都内で会見。前夜の復帰戦を飾ったミルコ・クロコップに対し、崔洪万(チェ・ホンマン)らK-1の猛者を何戦か続けて対戦させ、最終的には元PRIDEの絶対王者エメリヤーエンコ・ヒョードルをぶつけるという究極プランをぶち上げた。

 無名戦士・水野竜也を56秒KOで仕留め、継続参戦を表明しているミルコの今後の対戦相手について、笹原EPは「ホンマンとかマイティ・モーとかも面白い」と“古巣”K-1で活躍中のヘビー級選手を挙げた。さらに「1度やってますけど、見てみたい試合ではある」と、大みそか「Dynamite!!」でのヒョードルVSミルコのヘビー級タイトルマッチ頂上決戦まで示唆した。

 ミルコは“氷の皇帝”と05年8月「PRIDE・GP」(さいたまSA)でのヘビー級タイトルマッチで対戦。当時の王者ヒョードルに判定負けしたミルコがリベンジをかけて再戦に挑むのか。DREAM=夢は膨らむ。[デイリースポーツ]


 リップサービスだろうというのは分かるけど、だいたいヒョードルと契約できるのか?っていう問題もあると思うんだけど。

 あと、今のミルコとヒョードルの対戦が頂上決戦か?という疑問。 ホンマンとモーに勝ったら、トップ・コンテンダーなのか?と。

 なんか、この笹原EPという人、ただ格闘技ファンの願望を言ってるだけって感じがしないでもない。(真剣に実現させようという強い意志がちーとも感じられない。)

 し、しかし、私はミルコvsホンマンには非常に興味がある。 というより、総合格闘技の選手としてホンマンのポテンシャルの高さに大きな関心がある。

 去年の大晦日のホンマンvsヒョードル戦、ヒョードルが簡単に勝ったと思った人もいるだろうが、私はそうではないと思っている。

 なぜなら、ホンマンはグランドではヒョードルの上になっていたから。しかも、ホンマンは一度はヒョードルの腕十字を凌いでいる。

 ホンマンに上になられて、下から極めるのは並の選手では絶対無理だろう。極める前にホンマンのパウンドが1発でも当たれば、そこで終わってしまう危険性が高い。

 ミルコvsホンマン戦、ホンマンが総合の試合の準備さえできていれば、ホンマンが勝つ確立のほうが高いと断言する。(って、えらそうですみません。)

 でも、ミルコにホンマン戦のオファーを出したら、受けるかどうかが心配だー。


【いつも応援ありがとうございます】 
よろしかったらクリックご協力を!
↓↓↓↓↓↓
●他の格闘技ブログがチェックできる
人気ブログランキング
 


posted by gaucho at 18:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 総合系コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も今の時点でミルコ対ヒョードルなんて望みません。それはHERO’s的というか谷川さん的な考えですよね。 モーやホンマンみたいな総合素人に勝って何になるのかと・・(^^; せっかくだったらk−1系に来たハリトーノフとやって勝ったらまた株もあがるでしょうね! 私もブログで同じようなこと書いてました(笑 良かったら相互リンクお願いできませんか??
Posted by ほわいとぽえむ at 2008年03月19日 03:49
>ほわいとぽえむ様
 相互リンクのお誘いを頂き感謝いたします。残念ながら今回はご希望に添いかねますことを、悪しからずご了承ください。貴ブログの今後のご発展を心よりお祈り致します。 
Posted by gaucho at 2008年03月23日 19:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。